ビューバレー白馬

白馬の不動産・賃貸・移住のことなら「株式会社ビューバレー白馬」


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

白馬の不動産・賃貸、白馬への移住・コロナ疎開のご相談なら当社にお任せください!北アルプス連峰を望む白馬村で四季が感じられる夢のスローライフを実現。中古別荘や家具・家電が一式揃ったログハウスの一棟貸しなど豊富な不動産情報からお気に入りの物件をお探しいただけます。

新型コロナ感染症の影響でテレワークの需要が高まるなか、長野県の「白馬」に移住を検討するする人も増えているようです。2021年の同県内の公示価格を見ても、他の市町村は下落しているにもかかわらず白馬村と軽井沢町は土地種別に関係なくいずれも上昇を続けています。このふたつの市町村は、かつてから知名度やブランド力も強く、富裕層が所有する別荘などで需要の高い土地でもありました。そこに、今般のコロナの影響で、移住者をターゲットとした手ごろな物件が一気に活気付いてきたといえるでしょう。実際に2021年現在、白馬村や軽井沢町にはテレワークができる物件がつぎつぎと整備されつつあります。コロナがはじまる以前までは、ウインタースポーツを目当てにやってくる海外旅行客など、インバウンドを目的とした観光施設が主な地価押し上げの要因でした。しかしながら、感染症が治まるまでは訪日外国人の需要が見込めないため、それらを見越した投資家の動きは鈍っています。そのせいで白馬村の住宅地の地価上昇率は前年と比較すれば確かに鈍りましたが、それでも2021年には6.3%の上昇率を見せています。セカンドハウス物件が人気の軽井沢町と同様で、感染症以前には売れ行きが低迷していた価格帯の物件でも、需要が高まっているようです。移住者層が首都圏に限らず東海や関西地区の人も増えていること、そしてスキー場経営者がオールシーズン楽しめるレジャー事業に着手しつつあることも背景にあります。長野県は、移住者に向けた支援金の条件を緩和し、その額は最大100万円まで受け取ることも可能になっています。例をあげれば、もともとは県が運営する就労サイトを経由して仕事が決まった人を対象としていたところを、その要件を拡充するなどの動きがあります。移住を検討している人にとっては、資金支援があるのとないのとは大違いでしょうし、それらのサポートが手厚くなることで、移住へのハードルは低くなるといえるでしょう。
[関連情報:白馬 移住 コロナ