Pharma Premium

薬剤師専門の派遣情報はファーマプレミアム<時給3000円以上>


薬剤師の関連情報

薬剤師(やくざいし、英: Pharmacist, Chemist)とは、調剤、医薬品の供給、その他薬事衛生を司る医療従事者。近代的な医療制度では、医療を施す医師・歯科医師と、医薬品を扱う薬剤師を分離独立させた資格制度(分業制度)をとっている。 アメリカ合衆国等では Pharmacist という名称が用いられるが、イギリスを初めとする英連邦諸国では伝統的に Chemist あるいは、Dispensing chemist という名称が用いられる。 日本では1874年(明治7年)の「医制」の公布より、近代的な医療制度が初めて導入された。薬剤師は、医師が作成した処方箋に基づいて、医薬品を調剤、また供給することができる。近年では、コ・メディカルの提唱によって、チーム医療の導入が重要視されており、薬剤師もファーマシューティカルケアの概念から業務を行っている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬剤師専門の派遣情報は時給3000円以上案件多数の転職・求人を扱う【ファーマプレミアム】。調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社など厳選された求人情報をご紹介。短期やスポットなど様々な好条件で年収・キャリアアップを応援します。

非正規として雇用されるのは派遣もパートも同様です。両者の違いを知っている人はそれほど多くはないかもしれません。この2つは雇用形態など違いは多くあります。雇用期間についてはパートは無期雇用で同じ職場で長く働き続けることになります。派遣の薬剤師は有期雇用(1年から3年など)と期間が決められています。また、給与や福利厚生に関しても適用先が違います。派遣の薬剤師は比較的時給が高く、時給3000円の求人もざらにあります。短時間や短期間だけお金を稼ぎたい人に向いているでしょう。特に地方では人材不足に悩む企業が多く需要が高いです。働ける職場を探している方は転職サイトに登録しましょう。専属のエージェントが求人探しなど求職活動のあらゆることを手伝ってくれるので心強いです。対面での面談やシフト交渉なども代行します。求人数が膨大なサイトも登場しています。多くの求人を探して自分の希望に合った職場を見つけましょう。パートは無期雇用なので経験次第ではキャリアップも狙えます。将来的に正社員をお考えの方、勤務経験やブランクが少ない人に向いています。こちらも転職サイトなら給与交渉やシフト交渉をエージェントが代行します。もし、夫の扶養内でパートで働きたいなら注意したいのが年収103万円の壁です。年収が103万円を超えないように調整しなければなりません。103万円以上になると、夫の税金の負担が増えて所得税も発生します。130万円を超えると社会保険料を支払わないといけません。150万円以上では、さらに夫(の税負担が増えてしまいます。負担を減らすためにも年収103万円を超えないように調整することになるでしょう。派遣とパートどちらの薬剤師として働くかじっくり考えてみましょう。そして、希望の条件を見つけるために転職サイトや派遣会社に登録するのが効率的です。サービスは無料で使えることが多いので気軽に登録できます。担当エージェントのサポートの元よりよい転職を目指してください。
[関連情報:薬剤師 派遣